文字サイズ

青木さやか 収入は10年前の「10分の1」 でも生活レベル下げられず、悩む

青木さやか
1枚拡大

 タレント・青木さやか(44)が26日、TBS系で放送された「明日は我がミーティングSP」に出演。全盛時に比べ、「収入は10分の1」になっているにもかかわらず、生活レベルを下げられない悩みを明かした。

 青木は2007年10月に3歳年下のダンサーと結婚。10年3月に第1子となる長女を出産したが、12年3月に離婚した。

 河中あい、佐藤寛子、スザンヌ、福田明日香らシングルマザーと語り合うコーナー。離婚後は都内の高級マンションに引っ越しをし、娘(7歳)と2人暮らし。部屋にはウォーターサーバーや300万円したという高級ピアノがあり、青木は「やっぱり、生活レベルを下げるってのはとても難しくて。一度上げてしまったもの、それと今も葛藤してて。(全盛期の)10年前みたいにお金使っちゃってるところがあるんで」と打ち明けた。

 公私ともに絶頂時に結婚。「収入なんか(当時の)10分の1なのに、いつまで外車乗ってるんだ、って思っちゃったりして」と生活レベルを下げられない自分にツッコミ。「やっぱり下げるってのはすっごい難しい」と繰り返していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス