文字サイズ

小泉今日子「なんてったって」悪ふざけ

 糸井重里氏と笑顔で話す小泉今日子(左)=東京・原宿(撮影・西岡正)
1枚拡大

 歌手で女優の小泉今日子(50)が24日、都内で、エッセー集「黄色いマンション 黒い猫」の刊行記念トークイベントをコピーライターの糸井重里氏(67)と行った。

 同書は月刊誌「SWITCH」で07年から10年間連載されたエッセー「原宿百景」をまとめたもの。18歳から21歳まで原宿に住んでいた小泉が、当時の恋愛や家族との関係から現在の日常などをつづった。

 19歳だった85年に代表曲「なんてったってアイドル」を発表したことを「大人が悪ふざけしやがって。まぁ私にしか歌えないんだろうな、と思った」と回想。

 また、14歳で父の会社が倒産して一家離散した過去を「家庭崩壊して、父と2人で暮らしたけど、父とはウマがあって楽しかった」と明るく話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス