文字サイズ

夏目三久も沈痛「気持ち立ち直れない…」 “夏目親方”と呼ばれる相撲好き

夏目三久アナウンサー
1枚拡大

 フリーアナウンサーの夏目三久が15日、TBS系「あさチャン!」で、横綱日馬富士の貴ノ岩への暴行問題に「気持ちが立ち直れないでいる」と沈痛な表情を浮かべた。夏目は番組内で「夏目親方」と呼ばれるほど、大の相撲ファン。場所中はかなりの時間を割いて相撲を報じてきただけにショックは隠せない。

 番組では貴ノ岩をビール瓶で殴打し頭蓋骨骨折などの重傷を負わせた日馬富士の暴行問題について新聞各紙を使って紹介。だがその間も夏目の表情は暗いまま。スポーツコーナーでは野球の侍ジャパンの話題を報じた後も「相撲の暴行問題から気持ちが立ち直れていない」と正直な心境を吐露した。

 だがすぐに「力士の皆さんが一人一人相撲に集中して、九州場所を盛り上げていただきたい」と現在九州場所を戦っている大勢の力士達へエールを送った。

 番組では通常通り前日の取組も紹介。夏目は日馬富士の兄弟子でもある安美錦の土俵にも触れ「幕内に復帰してからは横綱の土俵入り一緒に務めてらっしゃいますから、複雑な思いはあると思いますが、その分みなさん一丸となって盛り上げてほしい」ともコメント。

 だが別のコーナーで改めて日馬富士問題を報じると「1年を締めくくる九州場所でこのようなことが発覚し本当に残念でなりません」と悲しそうな表情。また日馬富士について「土俵の上では優しく、相手の力士に手を差し伸べたりする場面もあって紳士というイメージでファンに愛される存在だった」と残念がっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス