文字サイズ

バカリズムの脚本を出演俳優陣が絶賛 大杉漣「恐るべし!」

 「僕の金ケ崎」の一場面。(左から)大杉漣、杉本哲太、渡辺いっけい、中尾明慶
1枚拡大

 お笑いタレントのバカリズム(41)が、9月放送のフジテレビ系「FNS27時間テレビ にほんのれきし」に「にほんのれきし博物館」館長役で出演することが17日、分かった。今年から番組テーマが「笑い」から「日本の歴史」に衣替えされている。総合司会のタレント・ビートたけし(70)、アシスト役でキャプテンの関ジャニ∞・村上信五(35)を歴史の世界に案内。また、戦国時代と幕末を舞台にしたドラマ2本の脚本も執筆し、ドラマ出演も加えた“三刀流”で番組を支えていく。

 脚本家としては、天下無双の織田信長の撤退で知られる「金ケ崎の戦い」を題材にしたドラマ「僕の金ケ崎」を手がけ、服部半蔵役で出演もする。大杉漣(65)が織田信長、中尾明慶(29)が豊臣秀吉、渡辺いっけい(54)が徳川家康、杉本哲太(51)が明智光秀を演じ、現代的なセリフで、斬新な“脱力系戦国コメディー”を届ける。

 「僕の金ケ崎」の出演俳優陣もバカリズムの脚本を絶賛している。大杉は5人の会話劇を楽しみ、「バカリズムさん恐るべし!」と脱帽。バカリズムの脚本に興味を持っていた渡辺は、「セリフをしゃべることができてうれしい」と喜び、中尾は「シリーズ化していただきたいくらい」と熱望した。重いよろいを着て撮影を続けた杉本は、「30年以上の俳優人生でベスト5に入るキツい現場。でも、面白い」とドラマに太鼓判を押した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス