文字サイズ

黒木華、料理人役 吹き替えなしで調理シーン挑戦!

ドラマで鰹の解体に挑んだ黒木華=東京・NHK
試写会後の会見に登場した(左から)小日向文世、黒木華、森山未來、安田成美=東京・NHK
黒木華(右)にデレデレだった小日向文世=東京・NHK
ドラマで鰹を捌いた黒木華=東京・NHK
4枚4枚

 女優の黒木華(27)が8日、都内で、NHK初主演ドラマ「みをつくし料理帖」(5月13日放送開始。総合、土曜、後6・05。全8回)の試写会に俳優・小日向文世(63)らと共に出席した。

 土曜時代劇から土曜時代ドラマにリニューアルした第1弾作品で天涯孤独な女料理人・澪(みお)を演じた黒木は、吹き替えなしの料理シーンに挑戦した。昨年11月から料理を特訓。劇中では鰹の解体に挑み、「片刃の和包丁の扱いが難しく、鰹は重く、大変。頭の骨を折るのが難しかった」と振り返り、登場した料理で好きなものは、「茶碗蒸しですかね。もともと好きで、家でも一番作ったのが茶碗蒸しです」と語っていた。

 澪が勤める料理屋の主人役の小日向は“昭和顔”とも言われる黒木にぞっこんだった。「きょうの料理は何だろう?」と黒木と撮影を楽しむ小日向は、「華ちゃんは日本髪が似合っていて愛らしい。娘がいないもんですから、娘を見るってこんな感じかな。しがみつきたくなる。華ちゃんが握ったおにぎりは一段とおいしかった」とデレデレだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス