文字サイズ

栗山千明「整形でぜんぜん違う人生」

1枚拡大

アメリカロマンス小説界の女王、サンドラ・ブラウン原作のドラマ10『コピーフェイス ~消された私~』(NHK・金曜22:00)で、主演をつとめる栗山千明や佐藤隆太ら出演者が、大阪市内のスタジオで会見をおこなった。

飛行機事故で記憶喪失となり、他人の姿で全身整形手術を受けた女性が、とある美容外科クリニックの陰謀に巻き込まれるラブ・サスペンス。記者から「整形して自分が何にでもなれるとしたら」という問いに栗山は、「イケメンになりたいですね。やるならそれくらい、ぜんぜん違う人生。女の子にモテモテの人生を歩んでみたいな」と答え、「男?性別も?」と佐藤ら共演者を驚かせた。

外見は同じで違う性格の2人を演じることについて、「(整形手術を受ける広沢和花は)何も状況が理解できない状態から、ひとつひとつを知った時にどういう表現がうまれるのか。その表現に変化がある役どころなので、どう演じるのか難しい。(事故で亡くなる朝倉)芙有子に関しては、回想シーンでの断片的な登場の仕方なので、想像を膨らませることが多いのが大変」と話した。ドラマは、11月18日スタート。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

デイリースポーツ
ネットショッピング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス