文字サイズ

鳥羽一郎 船村徹さんと1カ月前に会ったばかり 師匠の死にショック隠せず

亡くなった船村徹さんとの思い出を語る鳥羽一郎(左)と北島三郎=都内
1枚拡大

 心不全のため16日に死去した作曲家・船村徹氏(享年84)の弟子で歌手の鳥羽一郎(64)が17日、都内で行われたBSジャパン音楽番組「サブちゃんと歌仲間」の収録現場で兄弟子の歌手・北島三郎(80)と会見した。

 鳥羽は前日、仕事先の福岡から帰京直後に訃報が届いた。「半年前に体調を崩して入院していた。でも元気になって。お酒も少し飲んでいたのに」と、信じられない様子だった。1カ月前の1月18日には自身の「文化勲章受章を祝う会」で元気な姿をみせていた師匠。それが最後の姿となってしまった。

 内弟子生活を経て1982年に「兄弟船」でデビューした。偉大な作曲家でありながら、個性などを大切にしてくれたという。レコーディングで、鳥羽が譜面通りに歌わずにいても「お前はそれでいい、譜面は書き直すから」という柔軟さもあったという。

 そんな中、昨年1月に発売した新曲「悠々と…」が師匠が残してくれた最後の作品。「今思えば、遺書のような作品だった。♪例えば僕が死んだら…という始まりだったし」と、その1年後に訪れた訃報に首をかしげた。

 「もっともっといい歌を書いてもらいたかった。それもかなわない…」。最後までぼうぜんとしたままでショックは隠せなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス