文字サイズ

小保方さん、沈黙破り手記発表

 STAP細胞論文問題で研究不正行為が確定した、論文の著者で理化学研究所の元研究員・小保方晴子氏(32)が、手記「あの日」(講談社)を28日に出版することが27日、分かった。2014年4月の記者会見以降、研究不正認定や博士号取り消しなどが続いた小保方氏が、ついに沈黙を破った。

 「STAP細胞は、ありまぁす!」と断言した記者会見から659日、次々に浮上した疑惑と研究不正認定によって表舞台を去った小保方氏が、突然の手記出版に出た。

 講談社によると、「あの日」は253ページに及び、幼少期から、STAP細胞問題を経て、昨年11月、早稲田大学に博士号を取り消された時期まで、小保方氏の観点からの事実関係や思いを記している。学術的に一連の疑惑を否定する記述もあるという。

 関係者によると、14年の疑惑発覚以降、体調不良を訴え続けていた小保方氏は、現在も国内で療養中。ただ、同社の手記出版の提案に応じ、担当者と面会して協議を重ねながら、昨夏から約半年で執筆したという。

 小保方氏は手記冒頭で、発表の理由を「このまま口をつぐみ、世間が忘れていくのを待つことは、さらなる卑怯(ひきょう)な逃げであると思い、自分の持つ弱さや未熟さもさらけだして、この本の中に真実を書こうと決めました」と説明。

 STAP細胞問題については、「一片の邪心もありませんでした」と不正を否定しつつも、「不勉強であったことを、心から反省し恥じています」「一連の出来事の責任を、抱えきれないほどに感じ、おわびの言葉も見つかりません」などと謝罪している。

 また、「誰かの役に立つ仕事に就くのが夢だった」という研究者への志、「私はここまで責められるべき悪人なのだと思うと…」「自分が生まれた日さえも、呪われた日のように思えます」という苦悩もつづっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス