文字サイズ

日本フェンシング協会がエペ代表のレジャー合宿を認め謝罪「ご理解頂けるとは言い難い合宿運用」

 日本フェンシング協会は30日、29日の「文春オンライン」で東京五輪で男子が団体金メダルを獲得したフェンシング・エペの日本代表チームが6月の沖縄合宿で、日本オリンピック委員会(JOC)からの助成金も出ているにも関わらず、レジャーに興じていたと報じられた問題について「この度の週刊誌報道について、当協会に対する信用を大きく毀損する可能性のある重大な事案であると認識しており、このような事態に至っておりますことを深くお詫び申し上げます」と、謝罪した。報道で金メダリストの見延や山田、加納らを含めた選手達がビーチで海水浴、バナナボート、シュノーケリング、ビーチバレー、さらに観光を行っていたと報じられていた。

 事実関係については「当該合宿については実施にあたり事前に提出されていた内容から、合宿直前に大幅な変更が生じていましたが、そのことが担当コーチから強化本部に報告されておりませんでした。従来、合宿は事前に提出された計画に沿って実施されるものとの前提に立ち、提出後の軽微なスケジュール変更については報告を求めておりませんでした。しかしながら今回のスケジュール変更は軽微とは言い難く、変更後の内容は当初提出されていた合宿の目的を達成すると判断し難いものでした。このことは事後報告書が提出される前に週刊誌報道によって我々の知るところとなりました」と、説明した。

 協会は強化本部によるヒアリングで事実確認を行ったとしており、今後も徹底したヒアリングで「より詳細な事実究明を急ぐ」とした。必要に応じて第三者委員会の立ち上げも検討し、協会内での責任の所在を明確にするという。また今後のチェック体制の強化を確認。「活動実績が助成金申請に適する内容であるかの精査を改めて義務化・徹底します」とした。

 最後に「高い健全性が求められる日本代表チームの活動において、皆様のご理解を頂けるとは言い難い合宿運用が行われていたことを深くお詫び申し上げます」と、謝罪した。

 文春報道の前に日本協会の武井壮会長は、同問題に対してかどうかは不明ながら、自身のツイッターで「ふう、さすがにもう守りきれん。。」とつぶやいていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス