文字サイズ

スノボ元日本代表・今井メロ うつ、“ホテヘル嬢”勤務の過去明かす

今井メロ
1枚拡大

 元五輪スノーボードハーフパイプ日本代表の今井メロ(30)が3日に放送されたフジテレビ系「金曜プレミアム キテレツ人生!第6弾」に出演。金メダルを期待された2006年のトリノ五輪前に鬱状態で精神科に入院していた過去や、五輪惨敗後に風俗嬢としてお金を稼いだことなど、赤裸々な半生を明かした。

 今井の兄は同じくトリノ五輪スノーボードハーフパイプ日本代表だった成田童夢(32)。6歳から17歳まで父親からスノボのスパルタ教育を受けたが、スパルタすぎる特訓に家出を繰り返すようになり、トリノ五輪の3年前には児童相談所に保護された。その後、うつで精神病棟に入院し、五輪の1年前の17歳の時に、離婚していた実母の元へ。成田メロから今井メロに名前を変えた。

 五輪には出場したものの、予選敗退の惨敗。「税金の無駄使い」などとバッシングを受け、引きこもり状態になったという。1年後、「キラキラした世界に憧れて、大阪・ミナミのキャバクラで働き始めたが、今度はキャバクラでの「ストレス発散」でホストクラブに通うようになり、五輪のスポンサーから振り込まれていたお金をすべて使い込んだという。ホストクラブには「500(万円)くらいは使った」と振り返る。

 07年6月には週刊誌で“ホテヘル嬢”として働いていることが報じられた。メロはこの報道を認め「お金が底をついた時、友達が結婚パーティをすることになって、『ご祝儀期待してるな』と言われたことがプレッシャーになって。『15万円を包みたい』と思って、3日間、風俗で働きました」と告白。「見栄とプライド。『(五輪選手)さすが』って言われたかった。お金ないとは言えなかったですね」と明かした。

 五輪後に2度の結婚、離婚を繰り返し、現在は、2人の子供を育てるシングルマザー。今年3月には全日本選手権で8年ぶりに競技復帰し、見事優勝している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス