文字サイズ

組織委 女性理事12人選任へ 理事大幅増も「現職に辞めていただくのは失礼」

 理事会に臨む橋本聖子会長(中央)=代表撮影
 理事会であいさつする橋本聖子会長(代表撮影)
 理事会で橋本聖子会長のあいさつを聞く理事ら(代表撮影)
3枚

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は2日、都内で臨時理事会を開催し、橋本聖子新会長(56)が方針を示した理事の女性割合40%達成に向けて、女性理事候補12人を選出した。3日の評議員会で決定する。

 マラソン女子の00年シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さん(48)らが候補に挙がっているとみられる。これまで理事数の上限は35人だったが、これを45人まで引き上げる。現在の理事数はこの日、JOC専務理事を務める福井烈理事が辞任し、33人となっている。

 また、ジェンダー平等や多様性の推進を担当する副会長に荒木田裕子理事が就任することが発表された。

 森喜朗前会長が女性蔑視発言で辞任。橋本会長は理事会の冒頭あいさつで「信頼回復に向けて、スピード感を持って取り組み、しっかり結果を出していく必要がある」と、ジェンダー平等に向けた意欲を語った。

 理事会後に会見した武藤敏郎事務総長は、理事の大幅増となった点について「現状、現職の方に辞めていただくというのは大変失礼で現実的ではない。単純に数を増やすのはいかがなものかという意見も承知している。運営にあたって効率的な方法を考えていきたい」と、話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス