文字サイズ

田中希実 五輪代表内定「まだ実感わかない」

 陸上の日本選手権長距離種目で優勝し、東京五輪代表に決まった男女3選手が大会から一夜明けた5日、大阪市内で記者会見した。

 女子5000メートルで初の五輪切符を得た田中希実(21)=豊田自動織機=は、広中璃梨佳(日本郵政グループ)との激戦から一夜明けても「苦しかった分、うれしいより信じられない、実感がわかない」と率直に語った。

 今夏は3000メートルと1500メートルで日本記録を更新。5000メートルの自己ベストも福士加代子の日本記録に約6秒と迫っている。ただ、21歳が見据えるのはその先だ。「自分を超える先に日本記録はあると思うが、そこをラインと決めているわけじゃない」と言い、「自分を超え続ける」スタンスは変わらない。

 「どの種目ももっと速くもっと強くと考えている。今回もその結果」と田中。他種目での五輪も「そのように取り組んでいけば、権利が得られることがあるかもしれない」と自分を崩すことはない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス