文字サイズ

バッハ会長が国立視察 反対派の叫びの中…「人は物を知らないと疑う。説明続ける」

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(66)が17日、来夏に延期された東京五輪のメーンスタジアムである新国立競技場を視察した。「本当に感動的だ。想像してみてほしい。9カ月後にアスリートが実際にゲートから入ってくる姿を。まだ五輪でないのに、五輪のような雰囲気を醸し出している。日本的で地味で落ち着いた感じがする」と、絶賛した。

 スタジアムの外からは五輪反対派の抗議運動が行われ、「バッハ、出てこい!」「オリンピック、いらない!」などの声が響き渡る混沌とした状況の中で報道陣の取材にも応じた。日本国内ではまだ五輪開催に否定的な声も多いが「先が見えない中で、人々が不安や疑念を持つのは人間として当たり前。説明を続けるしかない。9カ月後は全然違った世界になっている。ワクチンも開発が近い。人間はものを知らないと疑い深くなる。だから我々は説明を続ける。大会は必ず開ける」と、主張した。

 前日、海外から大会に参加する選手、関係者についてはIOCの負担でワクチン接種を奨励すると話していたが、この日は「選手村で活動するすべての参加者にはワクチンを受けてほしい」と、した。

 18日には帰国する予定。「来年の春にはまた来るだろう。聖火リレーも始まる」と、再来日を約束した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス