文字サイズ

池谷幸雄 詐欺で3億円被害に遭っていた

 元体操五輪金メダリストのタレント・池谷幸雄(45)が13日、フジテレビ系「バイキング」(月~金曜、前11・55)に出演し、これまでに何度も詐欺に遭い約3億円の被害を受けたことを告白した。

 この日の番組テーマは「卑劣な詐欺」で、出演した被害者たちの中に池谷もいた。

 池谷は最初に「けっこうやられてますんで。それ(被害金)があったら今、もっと楽なのに。今、メチャクチャしんどい」と苦境を明かした。

 被害額が「○が8個つく」、つまり1億円を超えることを明かすと、スタジオは騒然とした。

 最初に池谷をだましたのは高校のときのトレーナーで、大学3年の時に再会し、以来家族ぐるみで付き合っていた。

 あるとき彼が「(大阪で)クリニックをやろう」と言いだし、池谷はそれに乗った。

 「お金を持ってた訳じゃないので、3分の2くらいは借金。そいつが逃げたあと5年間くらいずっと借金を払い続けた」と、池谷は恨み骨髄という様子で話した。

 池谷はそれ以外にも、離婚するための費用を捻出しようと所有していたフェラーリの売却を計画。知人のディーラーに譲渡証明書、印鑑証明書と共に預けたところ、持ち逃げされた。その被害額は約1200万円。ちなみにそのディーラーを紹介してくれたのはマイケル富岡だったが、「マイケルさんも実はやられていた」という結末だった。

 また、2000年には池谷幸雄体操倶楽部の専用体育館の建設に着手したが、下請け業者に工事費を持ち逃げされるなど、ここでも約1億円の被害に遭った。

 さらには「ほかのやつもいろいろ、テレビで言えないやつもあって」、合計被害額は3億円にも達する。

 それだけの被害に遭いながら、池谷は「イメージのことがあったり、裁判しても弁護士のお金がかかるばかりで勝てないじゃないですか」と、すべて泣き寝入りしているという。

 最後に池谷は「もうお金がないので被害には遭わない」と開き直ったように言い切った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    お騒がせ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス