文字サイズ

岩崎恭子さん離婚 不倫認め謝罪「一児の母として、大変軽率で恥ずべき行動」

岩崎恭子さん
1枚拡大

 バルセロナ五輪水泳金メダリストの岩崎恭子さん(40)が5日、ブログを更新し、元ラグビー日本代表・斉藤祐也氏(41)と3日に離婚したことを報告した。さらに、一部週刊誌で報じられた一般男性との不倫を認めたうえで「一児の母として、大変恥ずべき行動」だったと謝罪した。

 5日の「SmartFLASH」が、岩崎さんが離婚成立前に金髪のカツラとサングラスで変装して50代男性と手つなぎデートを楽しんでいたと報道。ブログでは報道の詳細については確認していないとした上で、「私がこの男性と恋愛関係にあったことは概ね相違ありません。」と不倫の事実を赤裸々に告白した。

 そして「重ねて、もう1点ご報告がございます」と切り出し、「離婚協議中であったとはいえ、1人の見識のある大人として、一児の母として、大変軽率で恥ずべき行動を取ってしまった」と、一児の母でありながら、不倫に走ったことへの謝罪の言葉を記した。

 報道された不倫相手とは「今回の件を深く反省すると共に、お相手の男性とはお付き合いを解消させて頂きました」と、報道がきっかけで破局したことも示唆した。

 92年に行われたバルセロナ五輪で14歳で金メダルを獲得し、一躍注目を浴びた岩崎さんは、現在、解説者やコメンテーターとして活躍。「メディアを通じて人に伝えるという活動をしている人間として決して許されるべきことではなく、大きな過ちを犯してしまいました」と自らを律した。

 岩崎さんは09年に斉藤氏と結婚し、11年3月に第1子女児を出産していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス