文字サイズ

御嶽海、大関一気昇進狙う「10勝して上に挑戦」

 「大相撲九州場所」(10日初日、福岡国際センター)

 九州場所を翌日に控えた9日、福岡国際センターで場所の安全を祈願する土俵祭りが行われ、八角理事長(元横綱北勝海)ら協会幹部、三役以上の力士らが参加した。

 成績次第で大関昇進の可能性がある関脇御嶽海(26)=出羽海=は「状態は悪くない。自分の相撲が取れれば」と話した。対戦は初日、妙義龍(境川)、2日目に北勝富士(八角)を迎える。

 先場所12勝3敗で2度目の優勝。先々場所の9勝と合わせ、21勝で大関昇進の目安となる三役で3場所計33勝は、あと12勝で到達する。昇進を預かる審判部は正式な大関とり場所には位置づけていないものの、V争いして、ハイレベルな勝ち星なら一気昇進の機運も高まってくる。

 昨年、大関とりに失敗した経験も糧にするのみ。本人は「気負いはない。本当にいつも通り臨むだけ。しっかり自分の相撲を取り切る。そうすれば問題ない」と自信をあふれさせた。

 まずは10勝が大関とりを継続させるためにも最低ノルマ。「10勝したら上に挑戦していかないといけない」と、力を込めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス