文字サイズ

龍虎さんが急逝 家族旅行中に救急搬送

亡くなった龍虎さん
1枚拡大

 大相撲の元小結でタレントとしても活躍した龍虎さん(りゅうこ、本名・鈴木忠清=すずき・ただきよ)さんが29日に心筋梗塞のため静岡県掛川市内の病院で死去していたことが30日、分かった。73歳だった。

 関係者によると龍虎さんは家族旅行中に具合が悪くなって倒れたという。同市内の病院に救急搬送され心筋梗塞であることが判明。そのまま回復することなく息を引き取ったという。通夜、葬儀・告別式は未定という。

 龍虎さんは、大相撲の力士として1957年初場所で花籠部屋から初土俵に上がった。小結まで昇進したが、アキレス腱断裂の大けがを負い、一時は幕下に転落したが、小結に再昇進した。

 75年5月場所で引退、断髪式には、石原裕次郎さんらが駆けつけた。その後は親方を務めたが、廃業しタレントに転向。しこ名を芸名にして活動した。

 「料理天国」での試食役、旅番組のリポーター役。時代劇「暴れん坊将軍」では北島三郎の子分役を演じ、人気を博した。舞台にも数多く出演し、北島の座長公演で長年出演した。

 08年にクモ膜下出血で倒れたが、体調も回復し最近は健康食品のCMに出演。関係者に「またバラエティーや旅番組などに出演したい」と話し、自ら企画を立案していた矢先の急死となってしまった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス