文字サイズ

白岩優奈がSP首位 「ボロボロ」体調不良も“自己新”マークで「すごく自信になった」

演技を終えて笑顔で観客に応える白岩優奈=滋賀県アイスアリーナ
2枚

 「フィギュアスケート・げんさんサマーカップ」(11日、滋賀県立アイスアリーナ)

 シニア女子ショートプログラム(SP)が行われ、ノーミスの演技を見せた白岩優奈(17)=関大KFSC=が68・52点で首位に立った。18年平昌五輪代表で全日本女王の坂本花織(19)=は58・62点で6位、樋口新葉(18)=明大=は48・92点で15位と出遅れた。

 白岩はルール変更後の国際大会では63・77点が自己ベスト。今大会は国際スケート連盟(ISU)非公認ながら“自己新”となる高得点をマークした。新プログラムのピアノ曲ではルッツ-トーループの連続3回転、ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)、3回転ループをすべて成功。風邪による体調不良で「ボロボロだったのでどうしようかと思った」と不安を抱えた演技だったが、「ベストの状態じゃない中で、すごく自信になった」と笑顔を咲かせた。

 習得中のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)については「まだきれいには跳べてないけど、もう少しでクリーンに立てるというところ」と言う。「GPシリーズ(フランス杯、ロシア杯)に間に合うところまで来ている」とし、12日のフリーでは「調子がよければやるかも」と“試運転”の可能性も示唆した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス