文字サイズ

高山のアマ登録完了、テコンドー岡本依子氏らが激励

岡本依子氏(左から2人目)、中村泰士氏(中央)ら支援者とアマ登録を祝った高山勝成(中央右)
1枚拡大

 ボクシングの元4団体制覇王者でプロを引退してアマチュアとして2020年東京五輪出場を目指す高山勝成(35)=名古屋産大=が28日、大阪市内で後援者らと会合を開き、申請していた愛知県ボクシング連盟へのアマ登録が26日付で受理されたことを報告した。会合にはシドニー五輪テコンドー銅メダリストの岡本依子氏や、作詞家で作曲家の中村泰士氏ら支援者約130人が集まった。

 壇上で言葉につまった高山は「(活動してきた)1年半を振り返り、どこから話していいか頭が混乱した。自分一人では何もできなかった。感謝の気持ちを力に変えたい」と感慨深げに語った。支援者には「これから厳しい戦いになるが、ベストを尽くしたい」と決意表明。試合出場は来春以降の見込みで、今後は強豪校などへの出稽古でアマとしての練習を本格化する。

 東京五輪でのボクシング競技は存続の危機にあり、アマチュアを統括する日本ボクシング連盟はホームページなどで正式競技としての開催を求めて署名を募っている。高山自身もこの日までに約200人の署名を集めており、この日の会合でもさらに呼び掛けを行っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス