文字サイズ

キプサングが国内初の2時間3分台で優勝、自身は4度目「まだ伸びしろがある」

2時間3分58秒で優勝したキプサング(撮影・佐々木彰尚)
3枚

 「東京マラソン」(26日、東京都庁前~東京駅前=42・195キロ)

 男子は前世界記録保持者のウィルソン・キプサング(34)=ケニア=が初優勝した。序盤から世界記録を上回るハイペースで外国人選手の先頭集団を引っ張り、日本国内のレースで初の2時間3分台となる2時間3分58秒をマークした。世界選手権(8月、ロンドン)の選考がかかった日本勢は、井上大仁(24)=MHPS長崎=の8位が最高だった。

 アップダウンが少なくなった新コースには、世界記録更新の期待がかかっていた。レース前に世界新を狙うと公言していたキプサングは「すばらしいレースができた。コースも体調もよく、強豪の相手もいた。自分の感覚もよかった」と振り返った。

 自身にとって4度目の2時間3分台には「世界記録が目標だったが、コースレコードに満足している。さらに記録を伸ばしていきたい」と語る。34歳はベテランの域だが「私のマラソンのキャリアは28歳からで、まだ伸びしろがある」と冷静に自己分析した。

 2012年ロンドン五輪の銅メダリストは、昨年のリオデジャネイロ五輪出場を逃した。2020年東京五輪については「まだ早すぎる」と苦笑しながらも「どんなアスリートも五輪で戦いたいものだ。条件次第で金メダルを狙いたい」と貪欲に語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス