文字サイズ

沿道から過激な声援!川内は10位

 ゴール後、疲れた表情を見せる川内優輝。1時間3分30秒で10位に終わった
1枚拡大

 「仙台国際ハーフマラソン」(12日、仙台市陸上競技場発着)

 世界選手権代表の川内優輝(26)=埼玉県庁=は、1時間3分30秒で10位。メクボ・モグス(日清食品グループ)が1時間1分54秒で制した。

 公務員ランナーの川内は、中盤で日本人のトップ集団から遅れて10位。沿道から「お前、前を追えよ!!こんな順位で、なめてんのか!!」と過激な声援を受け、発奮。昨年のタイムを19秒上回った。野口とも対面し、刺激を受けたようで「野口さんが金メダルを取った時、僕は高校生で、ケガを繰り返していて、どん底だった。同じ代表になれるなんて」と、感慨深そうに話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス