文字サイズ

広島 シーズン負け越しが決定 巨人とは3差に 九里を援護できず

 8回、リクエストする佐々岡監督(撮影・飯室逸平)
 8回、代打・会沢(中央)の左飛で飛び出していた一走・大盛(左)が帰塁できずに併殺となる(撮影・立川洋一郎)
 7回、代打・糸井に犠飛を打たれて追加点を許し途中降板する九里(右端)=撮影・立川洋一郎
3枚

 「阪神2-1広島」(18日、甲子園球場)

 広島の連勝が3でストップした。今季6試合を残して2年連続となるシーズン負け越しが決定。3位・巨人とのゲーム差は再び「3」に開いた。

 広島打線が阪神のルーキー・伊藤将の前に七回までわずか4安打無得点に抑えられた。八回には無死二塁から代打・長野が代わった岩崎から適時打を放ち、1点を返したが、反撃は及ばなかった。

 先発の九里は6回2/3を6安打2失点(自責1)と力投。試合を作ったが、打線の援護に恵まれず、8敗目。リーグ単独トップとなる13勝目を飾ることはできなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス