文字サイズ

広島・栗林、セ単独トップの6S 地元で勇姿「力入った」 開幕から9戦連続無失点

 「中日2-4広島」(18日、バンテリンドーム)

 冷静かつ大胆に、アウトを重ねた。中盤から戦況が動き、1点を争う展開。そんな接戦でこそ、この男の存在感が光った。広島のドラフト1位・栗林(トヨタ自動車)が中日打線を三者凡退に片付け、地元初セーブ。大道が勝ち投手となったことで、球団史上初めて勝利投手とセーブの両方を新人が記録する“快挙”を成し遂げた。

 4-2の九回。先頭・三ツ俣に3ボールとなったが、7球目の高め直球で空振り三振。高めに浮く場面があった中、先頭を斬った。「低めに投げようとして高めに浮いていた。逆に開き直って真ん中付近に強い球を投げようと思った」。思考を切り替えられる落ち着きぶりが、頼もしい。

 1死から木下拓は150キロで詰まらせ、右飛。根尾をフォークで空振り三振に斬り、右拳を握った。これで開幕から9試合連続無失点。昨年、接戦を勝ち切れなかったチームの課題を十分に埋める、堂々の働きぶりだ。

 リーグ単独トップの6セーブ目に「セーブシチュエーションは緊張します」。手に汗握る場面で登板を重ねるが「逆に緊張しないと不安になる」と話したこともあった。張り詰めた状態をプラスに捉え、腕を振っている。

 地元愛知での凱旋登板は2試合とも三者凡退。「家族を含め、たくさんの方が見に来てくれている。おとといの試合は、けっこう力が入った」と振り返ったが、勇姿を届けた。勝利へのバトンは絶対落とさない。鯉の守護神が、周囲を笑顔にさせていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス