文字サイズ

鈴木鬼の形相、あわや危険球のボールに怒り 大下にらみつける

9回、頭部付近のボールをよけ四球を選ぶ鈴木=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
9回、頭部付近のボールをよけ四球を選ぶ広島・鈴木誠也=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
2枚2枚

 「広島1-10ヤクルト」(9日、マツダスタジアム)

 広島・鈴木誠也外野手が、頭部付近のボールに怒りをにじませた。

 9点を追う九回、無死。フルカウントから大下が投じた変化球はすっぽ抜け、鈴木の顔面付近へあわや危険球かという一球になった。背番号1はのけぞって手をついて危機を回避したが、すぐに起き上がって鬼の形相で大下をにらみつけると、言葉を発して怒りを表現。眉間にしわを寄せて一塁へ歩いた。

 試合はジョンソンが3回6失点でKOされるなど、本拠地で2戦連続の惨敗。フラストレーションがたまる展開で、4番のいら立ちは募るばかりだった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス