文字サイズ

広島・九里が約1カ月半ぶり今季2勝目 7回無失点「一人一人と勝負」

 「広島6-1中日」(10日、マツダスタジアム)

 先発した広島・九里は7回を投げて6安打無失点。119球の粘投で約1カ月半ぶりの白星をつかんだ。

 三回は2死二、三塁のピンチで3番・阿部を外角直球で見逃し三振。七回は味方の失策と安打でピンチを背負ったが「変に1点をやらない気持ちより、一人一人と勝負していった」と振り返った。最後は2死一、三塁で大島を一ゴロ。一塁・松山の好守備にも助けられ、スコアボードに7つの0を刻んだ。

 九里は自身にとって今季初登板となった6月24日の巨人戦(東京ドーム)で今季初勝利を挙げて以降、5試合続けて勝ち星がなかった。前回登板は4回3失点と役割を果たせなかっただけに、佐々岡監督は「前回悪かったので、気合が入っていた」と勝利への執念を感じ取っていた様子。今季2勝目で今後に弾みを付けたい。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス