文字サイズ

広島19得点で4位浮上!三回に34年ぶり1回11安打 堂林、坂倉らが記録的猛打を演出

 7回、中前適時打を放つ坂倉(撮影・金田祐二)
3枚

 「中日4-19広島」(11日、ナゴヤドーム)

 広島が快勝。今季最多の23安打19得点、記録的な猛打ショーで4位に浮上した。

 前日から有観客となった球場が騒然となったのは1-1の三回。鈴木誠の安打から松山、堂林、坂倉、田中広が5連打。中日・勝野をKOすると、三ツ間にも襲いかかった。

 1死からピレラ、菊池涼、西川が3連打。これで、この回だけで先発野手全員安打となった。

 鈴木誠が凡退してもなお勢い止まらず、松山、堂林、坂倉が3連打。5連打と3連打を2回浴びせ、86年以来、34年ぶり球団タイ記録となる1イニング11安打、一挙9得点で突き放した。阪神が持つセ・リーグ記録まであと1本だった。

 その後も打ちまくり、七回に3点、八回に4点を追加。菊池涼が3安打、堂林が今季2度目の4安打、坂倉が4安打と活躍した。

 トータル23安打は2010年に24安打をマークして以来、10年ぶり。19得点は04年5月23日・ヤクルト戦以来、16年ぶりだった。

 投手陣は6回3失点の床田が粘りの投球で今季初勝利を飾った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス