文字サイズ

広島・床田、粘り強く5回2失点「今までで内容は一番よかった」

 帽子を飛ばし力投する床田(撮影・山口登)
2枚

 「オープン戦、ソフトバンク-広島」(14日、ペイペイドーム)

 広島の床田寛樹投手(25)が先発し、69球を投げ、5回6安打2失点、4奪三振で降板した。

 初回に4番・バレンティンに先制適時打を浴びたが、四回はバレンティンから見逃し三振を奪うなど、MAX148キロの速球を軸にスライダーなどの変化球をうまく織り交ぜながら粘り強く投げた。

 2失点を喫したが、低めに速球を集め、四死球0と安定した投球。床田は、「しっかりと真っすぐを投げることを目標にしました。今までのオープン戦の中で、内容は一番よかったと思う。点は取られましたが、しっかりと腕を振って投げられていたし、真っすぐはよかった」と振り返った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス