文字サイズ

広島1軍投手コーチに横山竜士氏が就任 投手王国復活に熱い魂で指導

 広島の1軍投手コーチに、球団OBでデイリースポーツ評論家の横山竜士氏(43)が就任することが6日、分かった。2014年の現役引退以来、6年ぶりの現場復帰となる。広島ひと筋20年で、選手時代はケガを乗り越え、先発、中継ぎとして通算507試合に登板した。新監督には佐々岡投手コーチの就任が確実。リーグV奪回と投手王国復活を目指す新指揮官を支えていく。

 投手陣再建の切り札として、横山氏に白羽の矢が立った。新監督就任が確実な佐々岡投手コーチとは現役時代から気心が知れた仲。かつてのセットアッパーが、新政権の重責を担うこととなった。

 現役時代は感情をむき出しにした魂の投球が代名詞だった。「味方に弱いところは見せられない」。拳を握り、雄たけびを上げ、ナインを鼓舞した。低迷期を支え、熱い姿がファンの共感を呼んだ。

 横山氏は福井商から1994年度ドラフト5位で広島に入団。プロ3年目の97年は56試合に登板し、10勝5敗、防御率3・27の好成績をマークした。その後は先発に転向。99年に右肩のルーズショルダーを発症し、登板機会が減少した時期もあったが、2007年にはセットアッパーとして自己最多31ホールドを記録した。13年には史上90人目の通算500試合登板。度重なる故障を乗り越え、広島ひと筋20年の現役生活を過ごした。

 14年に現役引退してからは広島を拠点に評論家として活動を開始。理論的で、鋭い評論には定評があり、中国放送(RCC)解説者としてもテレビ、ラジオで活躍した。フットワークも軽く、球場やキャンプ地を積極的に訪問。熱心な姿勢で見聞を広めてきた。

 現場を離れても、チームを近くで見守ってきただけに、投手陣の課題は熟知している。チーム防御率3・68はリーグ2位だが、1年を通して勝ちパターン継投の構築に苦しんだ。守護神・中崎が勤続疲労から不調に陥り、昨季までセットアッパーを担った一岡、今村も登板数を減らした。先発も実績ある薮田、岡田の不調が最後まで響いた。先発、中継ぎの経験がある横山氏の指導へ、期待は高まっている。

 一方で“佐々岡チルドレン”の高卒2年目の山口、遠藤、ルーキーの島内ら若手が来季へ飛躍の足がかりをつかんだ。将来性あふれる投手が多く、43歳の横山氏は兄貴分的存在となりそうだ。6年ぶり現場復帰へ意欲満々。新指揮官と共に、投手王国を築き上げる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス