文字サイズ

カープ黄金期の中継ぎ左腕・山本和男さん 秘伝の味で勝負!人気ラーメン店経営

 1980年代のカープ黄金期に貴重な中継ぎ左腕として、いぶし銀の活躍を見せた山本和男さん(65)。現在は広島市内で「焼肉・らーめん かずさん」を営んでいる。昼はラーメンや定食、夜は焼き肉を売りにし、中華料理などのメニューも豊富だ。94年にオープンして今年26年目。広島では知る人ぞ知る人気店だ。

 カープOBというのに、店の中にはカープグッズは一つも置いていない。「プロ野球選手といっても、そんなに大した選手じゃありませんでしたから」と謙そんするが、一番の理由は「カープで商売しても長続きしない。やっぱりおいしいものを作ってお客さんに喜んでもらうのが一番。味で勝負したいと思っているんです」。

 カープには81年から8年間在籍し、89年にオリックスに移籍。引退後は広島に戻って建築会社に勤務していたが、その時に昼食で通っていたラーメン店の味に魅了される。「特にホルモン炒めが最高においしくて、親父さんに『作り方を教えてください』ってお願いしたんです」。弟子入りが認められ、3カ月間修行した後、現在の店をオープンした。

 お勧めはとんこつしょうゆのスープとレモンの酸味がマッチした「レモンラーメン」。「師匠から受け継いだ味です。今はいろんなお店であるみたいだけど、お客さんは『ここのレモンラーメンが一番おいしい』って言ってくれますね」。こだわりの焼き飯、師匠から譲り受けた秘伝のタレで炒めた焼き肉なども人気がある。

 現役時代は貴重な中継ぎ左腕として活躍した。社会人時代にプロからの誘いを2度断っていたため、カープ入団は26歳の時。日本ハムに移籍した江夏豊がつけていた背番号26を背負い、1年目から30試合に登板。日本一に輝いた84年は46試合に登板し、5勝2敗、防御率2・93という好成績で貢献した。

 スリークオーターからシュート、カーブ、シンカーなどの変化球を巧みに操り、左の強打者相手に“左キラー”ぶりを発揮した。「ヤクルトの若松さんは僕の顔を見るのも嫌だったみたいで、僕を見つけると『向こうにいけ!』ってよく言われました」と笑う。「一番怖かったのが阪神のバース。打席でギンギラギンのすごい目をして、こちらをにらんでくるんです。パワーもすごくて、市民球場で打ち取ったと思った当たりがホームランになった時はびっくりしました。球場が狭かったこともあるんですけど、向こうも“ホワイ?”って感じで両手を広げていました」。

 当時のカープは北別府、大野、山根、川口らを擁する投手王国。救援陣も津田や小林誠二らがいて1軍争いはし烈だった。「オープン戦に入ると、みんなピリピリして口もききませんでした。1軍に生き残るために毎日必死でしたね」。球場の強烈なヤジも忘れられない思い出だ。「打たれた時はボロクソに言われました。試合後、怒ったファンの人に追いかけられたこともありましたよ」。実働8年で通算193試合に登板した。

 引き締まった太い腕は現役時代をほうふつさせるが、「いえいえ、毎日、フライパンを振っていたら、こんなに太くなったんです」と苦笑い。納得の味を求めて試行錯誤の日々は今も続く。「お客さんから『おいしかった』と言ってもらえた時が一番うれしいね」。かずさんから柔和な笑みがこぼれた。(デイリースポーツ・工藤直樹)

 ◆山本和男(やまもと・かずお)1954年2月15日生まれ。山口県熊毛郡大和町(現光市)出身。左投げ左打ち。現役時代は181センチ、80キロ。柳井学園高から社会人の新日鉄光を経て、80年オフにドラフト外で広島に入団。89年にオリックスに移籍し、同年限りで引退。通算成績は193試合登板、8勝4敗、防御率3・53。家族は妻と一男一女。

 ◆「焼肉・らーめん かずさん」 広島市南区皆実町1の17の15(TEL082・254・0970)、営業時間は11時30分~14時、17時~22時。定休日は月曜。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      あの人~ネクストステージ最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス