文字サイズ

ドーピング陽性反応のバティスタ 6カ月の出場停止処分…来年3月2日まで

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は3日、ドーピング検査で陽性反応を示した広島のサビエル・バティスタ外野手(27)に対して、6カ月間の出場停止を科す処分を発表した。今日までにドーピング調査裁定委員会が開かれ、決定された。出場停止期間は今年9月3日から2020年3月2日まで。練習やキャンプなどで球団の施設を使うことはできないという。球団側にも今日、通達された。

 バティスタは6月上旬のドーピング検査で陽性反応を示したと、NPBが8月17日に発表。バティスタは同日、登録を抹消された。NPBは同16日に広島に通知し、弁明の機会を与えた後、NPBアンチ・ドーピング調査裁定委員会で裁決することになっていた。バティスタは異議申し立てしていた。

 NPBは規定違反の内容として、6月7日にバティスタの尿検体を採取し、7月24日に分析機関より、ホルモン調整薬の「クロフェン」とその代謝物である「ヒドロキシクロミフェン」の検出報告があったとした。検出された物質は、世界反ドーピング機関(WADA)禁止国際基準の禁止物質「S4.ホルモン調節役および代謝調節薬」で指定されている。

 バティスタを含め、これまで7人がドーピング検査で陽性反応を受けているが、「クロフェン」と「ヒドロキシクロミフェン」の検出は今回が初めて。また、興奮剤や筋肉増強剤などが検出されなかったため、半年間の出場停止という処分になった。

 バティスタに弁明機会が設けられた8月21日には「身に覚えがない、意図的な摂取はない」と述べ、検査の正当性には異議がないことを確認したという。

 バティスタは今季103試合に出場し、打率・269、26本塁打、64打点を記録。シーズン途中から3番に定着し、赤ヘル打線を引っ張っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス