文字サイズ

7回に一挙4点、バスターエンドランで勝ち越し、菊池涼、鈴木が適時打

7回、勝ち越し打を放つ広島・磯村嘉孝=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「巨人-広島」(1日、東京ドーム)

 広島が技ありの攻撃で巨人に勝ち越した。

 1-1の七回、無死一、二塁。3ボール1ストライクから代打の磯村がバスターエンドランを決めた。打球は高いバウンドで左前へ抜け代走曽根が二塁から一気にホームインした。

 代打を送られた先発・野村には勝利投手の権利が舞い込んだ。

 つかんだ流れは離さない。1点リードを奪い、なお無死満塁から菊池涼が3番手の沢村から左前へ適時打を放った。

 さらに1死満塁から4番の鈴木が中前へ2点タイムリー。このイニング6安打で4点を奪い、リードを広げた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス