文字サイズ

広島が連勝で4位浮上!西川V犠飛、曽根が快足で生還 安部も2ラン失策の汚名はらう

8回、2ランを放ち、鈴木(左)とタッチを交わす安部(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島6-3巨人」(3日、マツダスタジアム)

 広島が2失策で同点に追いつかれたものの、西川の犠飛と自らの失策が失点に絡んだ安部の2号2ランで巨人を振り切った。連勝で4位に浮上した。

 広島は二回に会沢が先制適時打、六回にバティスタの犠飛と、鈴木の17日ぶり本塁打となる8号ソロで3点をリードした。

 しかし、七回に菊池涼と安部による2失策がからみ、阿部の適時打などで同点に追いつかれた。床田は同点にされたタイミングで降板し、自責0ながら3失点で勝利投手を逃した。

 八回、広島は巨人の田原に対し、1死から連打で一、三塁に。西川の当たりは左翼へ浅いフライとなったが、代走で三走に入っていた曽根が本塁へ突進し、左翼に入っていた重信からの送球がそれたこともあり勝ち越しのホームを踏んだ。

 さらに、投手が高木に代わってから安部が、七回でエラーをした汚名を払う右中間への2号2ランを放ち、3点のリードを奪った。

 九回は中崎が締めくくり、対巨人3連戦の初戦をものにした。勝ち投手はフランスアで4勝目(1敗)。敗戦投手は田原で今季初黒星。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス