文字サイズ

新助っ投レグナルト、ローレンス入団会見 来日前からお箸を練習

並んでにこやかに会見する広島 ケーシー・ローレンス(右)と広島 カイル・レグナルト=マツダスタジアム(撮影・飯室逸平)
3枚

 広島の新助っ人・カイル・レグナルト投手(30)とケーシー・ローレンス投手(31)が25日、マツダスタジアムで入団会見に臨み、今季の抱負を語った。

 左腕・レグナルトはいち早く日本文化になじむため1カ月前からレストランなどで箸を使う練習をしてきたという。すでに来日後に箸を使って、寿司やラーメンに挑戦。今後も広島名物のお好み焼きや富士山など「文化を楽しみながら経験したい」と笑顔を見せた。

 アメリカではブキャナン、カラシティー、マイコラスから日本野球を勉強済みだ。「チーム一丸となり努力をして勝ちにつなげていく印象。チームの一員となって一生懸命戦いたい」と力を込めた。

 右腕のローレンスはは「オープンな気持ちで来ている。日本食を楽しみたい。まだ1と2しか数えられない。言葉も欠かせないので少しずつ習得したい」と意欲。まだ来日2日目だが、「みんなフレンドリー、優しい方が多い。街もきれいな印象。まだ寒いので温かくなればいい」と球春到来を待ち望んだ。

 レグナルトは昨季3Aで48試合、4勝1敗3セーブ、防御率4・77。アメリカでは主に中継ぎを任されたが、日本では先発で起用される可能性もある。

 ローレンスは昨季、米大リーグマリナーズで11試合、1勝0敗、防御率7・33。3Aでは19試合、7勝5敗、防御率3・31をマークし、カープでは先発として期待される。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス