文字サイズ

ドラ1・小園、憧れの広輔先輩と初対面 最高の手本最高の壁!スピードで勝負

 持ち味を生かして、1軍での活躍を誓った小園(撮影・飯室逸平) 
 マツダスタジアムを訪れた新入団選手たち
2枚2枚

 広島のドラフト1位・小園海斗内野手(18)=報徳学園=が11日、マツダスタジアムなどの施設を見学し、同じ遊撃の田中広輔内野手(29)と初対面した。568試合連続フルイニング出場を続ける鯉の鉄人は小園にとって憧れの存在だ。今夏の甲子園で1試合個人最多タイとなる3本の二塁打を記録。新人王を目標に掲げる“ミスターツーベース”が、自慢のスピードで勝負に挑む。

 小園が鯉の鉄人とドキドキの初対面を果たした。マツダスタジアム内の施設見学中、トレーニング中の田中とバッタリ。「よろしく」と手を差し出され、ガッチリ握手。「体つきが大きかったです。ビックリしました」と初々しく目を輝かせた。

 同じ遊撃手として、憧れの存在だ。鯉のリードオフマンは現在568試合連続フルイニング出場中。「ずっとケガなく出られているのはすごいことだと思う。そういうところを意識してまずは体作りを大切にしてやっていきたい」。新人発表会見から一夜明け、プロの自覚をにじませた。

 遊撃へのこだわりは人一倍だ。プロでの目標は「球界ナンバーワンショート」。高卒ながら来春は1軍キャンプ抜てきの可能性が高い。「バウンドをどう合わせたらいいのか、どういう意識で守っているのか」。田中に聞きたいことはたくさんあるが信念は揺るがない。「ずっと守りたいのがショート。そこの意識は変えずに持ち続けたい」と言い切った。

 プロ1年目の目標である新人王へ、小園は自慢のスピードで勝負を挑む。50メートル5秒8。今夏の甲子園では1試合3二塁打の大会タイ記録を樹立した。本拠地となるマツダスタジアムは中堅122メートル、右翼100メートル、左翼101メートル、左中間、右中間は122メートルの広さを誇る。「足を持ち味にしているので、それを忘れずに1つでも多く先の塁を盗んでいけるように頑張っていきたい」。“ミスターツーベース”にはピッタリの球場と言える。

 この日は初めてグラウンドにも足を踏み入れた。視界に映る景色すべてが新鮮。「きれいで広いなという印象です。あれがいつも(外野席後方に)見えてるコストコなんだと思いました」と笑った。独特の天然芝も大きな不安はない。高校時代に日本代表のカナダ遠征や宮崎サンマリンスタジアムでプレーしており、「不規則なところがあるので、より集中が大事になる。これから慣れられるように経験を積んでいきたい」とイメージを膨らませた。走攻守そろう鯉のスピードスターへ。小園がプロのスタートラインに立った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス