文字サイズ

広島初回に4点先制 バティスタ24号3ラン「ノーステップでコンパクトスイング」

 1回、バティスタが中越えに3ランを放つ
1回、3ランを放ち生還しアゴタッチされる広島・バティスタ=神宮球場(撮影・堀内翔)
2枚2枚

 「ヤクルト-広島」(16日、神宮球場)

 広島がバティスタの24号3ランなどで一回に4点を奪った。

 先頭の野間が敵失で出塁するなど1死一、三塁とすると、鈴木の右翼への飛球を雄平が落球。三走・野間が生還して先制に成功した(右犠飛)。

 その後1死一、二塁で打席にはバティスタ。カウント1-2から高橋の4球目、146キロ直球を仕留めた。打球はバックスクリーンへ飛び込み、「追い込まれていたので、ノーステップでコンパクトスイングしました」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス