文字サイズ

広島CS進出セパ一番乗り 大瀬良は新兵器解禁!縦スラで雪辱竜斬りじゃ

 中日戦へ向け調整する大瀬良(撮影・飯室逸平)
1枚拡大

 広島の投手指名練習が14日、マツダスタジアムで行われた。15日の中日戦に先発する大瀬良大地投手(27)は、CSを見据えて登板する考え。状況に応じて縦スラを“解禁”する見込みで、投球の幅を広げていく。この日、巨人がDeNAに敗れたため、広島の3年連続5度目のCS進出が決定。両リーグを通じて一番乗りとなった。

 リベンジに燃えている。大瀬良は前回8日の中日戦で、5回1/3を10安打6失点(自責点4)で6敗目を喫した。1週間後に再び訪れた対戦。「引きずっていることはない。チームも大事な時期。しっかりとした投球をして勝ちに導きたい」と意気込んだ。

 球団史上初のリーグ3連覇へ突き進む終盤戦は、この日進出が確定したCSを見据えて重要な戦いとなる。「9割9分9厘(試合に勝つことで)いっぱい、いっぱい」とした上で「余裕があれば、少し投げてみようかなという球種がある」と力を込めた。

 直球を軸にスライダー、カットボール、カーブ、フォークが主な球種。そこにシーズンが進むにつれてチェンジアップを織り交ぜるようになった。配球の割合はまだ少ないものの「前後で緩急が付けられればいいと思って。ピンチで試し、要所でも投げている。打者の反応は良い」と手応えを感じ始めている。

 試してみたい球-。球種こそ明かさなかったが、縦のスライダーの可能性が高い。昨季、自身最終戦となった9月28日・ヤクルト戦では、シーズンで初めて投げた。今キャンプでも試した。ただ、他の球種に比べて優先順位が低かったことで、ここまで使ってこなかった。

 キャッチボールやブルペンでも練習しており、試合で投げる機会を模索していた。今季は直球に本来の力強さが戻り、パワーピッチャーとしての本領を発揮。新たな球種にメドがつけば、さらに投球の幅は広がり狙い球を絞らせにくくなる。

 昨年のCSは先発ローテ4番手。先発での登板機会はなく、中継ぎとしてマウンドに上がった。今季はここまで15勝、防御率2・37と勝ち頭だ。短期決戦の初戦を託される可能性は十分にある。

 「ラストスパートとか、そういうふうに考えると空回りする。目の前の打者に集中して投げる。そのスタンスは変わりません」と前を見据えた大瀬良。優勝マジックは「6」で、最短Vは20日だ。チームの目標は、リーグ制覇の先にある日本一。大一番で良い風を吹き込むために準備は怠らない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス