文字サイズ

下水流が2年ぶり代打アーチ「一発で仕留めることができた」

 5回、代打でソロを放ち笑顔を見せる下水流(撮影・飯室逸平)
 5回、代打でソロを放ち笑顔を見せる下水流(撮影・飯室逸平)
 5回、ソロを放ち笑顔を見せる下水流(撮影・飯室逸平)
3枚3枚

 「広島-巨人」(12日、マツダスタジアム)

 広島・下水流昂外野手が代打アーチを放った。0-6の五回、先頭打者として打席に入り、左中間に今季4号となる特大弾を放り込んだ。

 「打ったのはスライダー。積極的に打ちにいった。自分のスイングで一発で仕留めることができた」

 代打アーチは16年7月3日のDeNA戦(横浜)以来2年ぶり3本目。四回まで巨人の左腕・今村に無得点に押さえ込まれていたカープ打線だったが、ようやく1点を返した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス