文字サイズ

岡田、4回6失点で7勝目逃す 投手の今村に同点適時打許す

2回、巨人・今村信貴に適時打を浴びた広島・岡田明丈=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 「巨人-広島」(8日、東京ドーム)

 広島・岡田明丈投手が4回9安打6失点(自責5)で降板。今季7勝目はならなかった。

 初回は先頭の坂本勇に中越え二塁打を許したが、後続を断ち無失点スタート。だが1点リードの二回2死一、二塁で今村に中前適時打を浴び、同点とされた。

 2-1の四回には2四球で2死一、二塁とされると、吉川尚に左翼線への2点適時二塁打を放たれ逆転を許した。その後も1点を追加されると、なお一塁で岡本に右中間への2ランを被弾。一挙5点を奪われ、この回まででマウンドを降りた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス