文字サイズ

ヘルウェグ生チェック 16日デビュー戦に首脳陣…早期昇格へ猛アピール

 9日からマツダのブルペンで投球を始めるヘルウェグ
1枚拡大

 広島の首脳陣が新外国人、ジョニー・ヘルウェグ投手(29)の実戦デビューを生視察する方針であることが6日、明らかになった。早ければ16日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)に登板予定。当日は1軍もナゴヤドームで中日戦があり畝投手コーチは「行くよ。細かいところを見ないといけない」。緒方監督も訪れる可能性がある。

 ヘルウェグは2日に来日し、4日に初練習。5日は大野練習場で初めてブルペン投球を行い、直球や武器の高速シンカーなど31球を投げた。「もう1回(ブルペンに)入って、上で見ようかと思ってる」と畝コーチ。順調なら2度目のブルペン投球後、9日からの阪神3連戦中にマツダスタジアムでの3度目のブルペンで首脳陣が投球練習を生チェックする見通しだ。

 その上で実戦を視察し「クイックにしてもできてるかというところ。サインプレーやけん制も」と畝コーチ。救援陣の一角として期待が大きいだけに、早期昇格の可能性を探る考えだ。

 中継ぎにはジャクソンらもおり、外国人枠は限られている。それでも投手力に不安はあるだけに「戦力になってほしい」と切なる願いを込めた畝コーチ。ヘルウェグも入団会見時に「チームの勝ちに貢献したい」と話していた。身長200センチの大型右腕が首脳陣の前で適応力の高さを見せられるか。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス