文字サイズ

梵がオーナーにあいさつ「これからどうなるかわからないが頑張っていく」

球団へのあいさつを終えた後、報道陣の質問に答える広島・梵英心=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
球団へのあいさつを終えた後、報道陣の質問に応える広島・梵英心=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
スーツ姿で球団事務所に訪れた広島・梵英心=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3枚3枚

 今季限りで退団し、他球団で現役続行を目指す広島の梵英心内野手(36)が3日、マツダスタジアムを訪れ、松田元球団オーナーにあいさつした。「12年間お世話になりましたと伝えました。これからどうなるか分からないですけど、頑張っていきます」と感謝の気持ちを伝え、前を向いた。

 梵は広島県三次市出身で三次高から駒大、日産自動車を経て、05年の大学・社会人ドラフト3巡目で広島に入団。走攻守バランスのとれた内野手で、06年には新人王を獲得。10年には43盗塁で盗塁王、ゴールデングラブ賞にも輝いた。だが、11年に左膝を痛め、翌12年には右膝を手術。出場機会は年々減っていった。

 昨季の出場試合数は自身最少の7試合で、無安打。今季は1度も1軍に昇格することはなかった。一方で、ウエスタン・リーグでは今季48試合に出場して打率・257。9月27日のウエスタン・阪神戦(甲子園)では「2番・遊撃」で先発出場し、盗塁を決めるなど、足に不安はない。出場機会を求めて、他球団からの声がかかるのを待つ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス