文字サイズ

広島5連勝で交流戦も首位に「全員で戦えた」札幌で日本シリーズ雪辱も

5回、右中間に2点適時二塁打を放つ広島・丸
1枚拡大

 「交流戦、日本ハム3-5広島」(8日、札幌ドーム)

 広島が敵地で3連勝。日本シリーズ敗戦のリベンジに成功だ。底力を示して5連勝しセ・リーグの首位を守るとともに、交流戦順位でも7勝2敗となりオリックス、ソフトバンクと並んで首位に立った。

 初回に、鈴木の12号左越え2ランで先制。五回にも丸の2点適時二塁打で加点した。先発した岡田は4-1の七回に無死一、二塁のピンチを招いて降板したが、後を受けた中崎がピシャリと封じてリードを守った。緒方監督は「全員で戦えた。良いゲームだったと思う。札幌のファンの前で、良いゲームができて良かった」と振り返った。

 地元で2連勝して敵地に乗り込んだ昨年の日本シリーズは、まさかの3試合連続逆転負けという屈辱を味わった。チームは、悔しさを新たな力に変えて今季に臨んでいる。9日からは、移動日なしで仙台に場所を移してパ・リーグ首位の楽天との戦いに臨む。指揮官は「また強いパ・リーグ首位が相手。頑張っていきたい」と力を込めた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス