文字サイズ

丸、エルドレッドで初回に2点先制 全員が背番号「15」

6回広島2死二塁、丸佳浩は中前に適時打を放つ=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
背番号15のユニホームを着て試合に臨む緒方孝市監督(右)ら広島の首脳陣と選手たち=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
2枚2枚

 「オープン戦 広島-日本ハム」(18日、マツダスタジアム)

 「黒田博樹特別試合」として行われた一戦で、広島ナインが躍動した。

 初回、ペーニャが左前打を放つと、丸の右中間を破る適時三塁打で先制。さらに1死三塁からエルドレッドの右犠飛で2点目を奪った。

 昨季限りで現役を引退したレジェンドの背番号「15」は、球団史上3例目となる永久欠番になった。この日は緒方監督以下、首脳陣、選手全員が、黒田氏の背番号をつけグラウンドに立った。黒田氏は始球式を終えると球場内で試合を観戦。目の前で、連覇を狙うチームの戦いぶりをアピールした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス