文字サイズ

福井 G倒復活での名誉挽回を誓う カープ首位独走にも「自分が投げていない」

 28日の巨人戦に先発する広島・福井優也投手(28)が25日、マツダスタジアムで行われた投手指名練習に参加し、ランニングやキャッチボール、ダッシュなどで調整。前半戦は1勝2敗、防御率5・83と大きく期待を裏切った。25年ぶりのリーグ優勝に向けて突き進むチームをさらに加速させるため、背水の陣で宿敵に挑む。

 終始引き締まった表情で汗を流した。投手指名練習に参加した福井。先発する28日の巨人戦への意気込みが顔色から感じ取れた。

 「下(2軍)に落ちた期間は、忘れかけていたことを確認できた。フォーム的なこともそうですが、気持ちの部分も大きいと思います」。2軍での再調整中、改めて自らを見つめ直した。

 4月10日の阪神戦(甲子園)で今季初白星を挙げたが、その後は結果を残せなかった。7試合で1勝2敗、防御率5・83で2軍に降格。今回は5月8日のDeNA戦(マツダ)以来、81日ぶりの1軍登板となる。

 2軍では9試合に登板し4勝。「気持ちがぶれても、フォームがぶれなかったら大丈夫。逆もそうなんですけど」と手応えをつかんだ。

 後半戦前に緒方監督は「福井も春先になかなか安定した投球ができずに2軍で頑張っている。彼を加えた中でのローテーションがキーになる」と右腕に期待を寄せている。

 首位を独走中のチーム。「(チームが)勝っていても、自分が投げていないという気持ちがある。先発が粘れて、チームの状態もいい。上がいいのでなかなか上がるチャンスがなかった。これから挽回したいと思っています」と福井。帰ってきた投手キャプテンが熱い思いを胸に秘め、マウンドに上がる。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

カープ最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス