文字サイズ

マエケン新球!世界の右打者斬りじゃ

 「広島紅白戦、白組1-1紅組」(28日、マツダスタジアム)

 広島・前田健太投手(27)が28日、マツダスタジアムでの秋季練習で組まれた紅白戦に先発し、従来のものよりも縦に落ちるチェンジアップを試投した。対右打者用の“新球”への手応えは上々。チームから唯一選出された国際大会「プレミア12」(11月8日開幕、日本および台湾)へ、順調に調整を進めた。

 右拳を握りガッツポーズをつくった。前田は「よっしゃあ!!」と声を上げ、ドヤ顔でマウンドを降りた。首脳陣の配慮による「プレミア12」に向けた調整試合で、シーズン中にない遊び心を前面に出した。三回2死、“新球”のチェンジアップで鈴木誠を空振り三振に仕留めてみせた。

 “新球”を満足げに説明した。「握りは同じだけど、縫い目への指のかけ方が違う。最後のは空振りを取れて良かった。試合で使えるようになればいい」。鈴木誠の他には小窪、堂林とすべて右打者に対して投げた。

 従来のチェンジアップの使用は、左打者に限られていた。シンカー気味に落ちて左打者の外に逃げていく軌道は、右打者にとっては内に入ってくるため、狙われた時のリスクが大きかったからだ。

 毎年のようにキャンプでスプリットやフォークに着手してきたのは、対右打者用に、落ちる変化球を習得するためだった。「ひねらず真っすぐ投げた。左打者には今までのチェンジアップを使います」と前田。これまでとは発想を変え、“対右バージョン”の完全習得を目指す。

 秋季練習のキャッチボール中にひらめいたという。以前から「僕はキャッチボールを重視します。いろいろ試して、これだと思ったらブルペンで投げてみる」と、話していた通りの“新球”開発劇だった。

 空振り三振を喫した鈴木誠は「回転は真っすぐと同じ。タイミングをずらされた」と証言。畝投手コーチも「内角直球の後にあのボールを投げられたら打ちづらい。ブルペンでも縦に落ちていた」と、太鼓判を押した。

 10月7日・中日戦(マツダ)以来の実戦登板。3回2安打1失点の結果にも「全体的にコントロールはアバウトだったが、感覚は良かった」と「プレミア12」へ手応えは十分。26日に5年ぶり2度目の沢村賞に選出されたばかりでも満足せず、前田はどん欲に進化を目指す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス