文字サイズ

新井貴浩Jr.関西学院・亮規浩内野手 途中出場も4の0 大学で「悔しさ返す」

 最後の打者となり、泥だらけのユニフォームで引き上げる関学・新井(中央奥)=撮影・鈴木雅之
 5回、三ゴロで全力疾走する関学・新井
2枚

 「高校野球兵庫大会・1回戦、加古川西5-2関西学院」(9日、明石トーカロ球場)

 兵庫大会19試合が行われ、昨夏の兵庫大会準優勝校の関西学院が初戦で敗退した。広島、阪神で活躍したデイリースポーツ評論家の新井貴浩氏(45)の長男・亮規浩内野手(3年)は途中出場するも4打数無安打に終わった。今夏限りでの勇退を表明していた広岡正信監督(68)にとって最後の試合となった。

 一塁へのヘッドスライディングも勝利には届かない。最後の夏に最後の打者となった新井は、地面に拳をたたきつけた。今夏限りで勇退の広岡監督や、仲間と目指した甲子園への道は閉ざされた。

 「3年間、やれたということはよかったですが、自分の力不足で負けてしまった。応援してくれたチームメートらに申し訳ない」。

 この日はベンチスタートも、出番はすぐに訪れた。三回、先頭から代打で登場。二塁へ高く弾むゴロを放ったが、間一髪のタイミングでアウトに。最終打席も二ゴロに倒れるなど4打数無安打。流れを変えられなかった。

 野球を始めたのは関西学院中に入学してからと経験は浅いが、練習へのひたむきな取り組みで試合に出場できるまで成長。試合前には、父から「しっかり頑張れ」と声を掛けられ球場へ。全力でグラウンドを駆け抜けた。

 敗戦にも、広岡監督は「選手はよくやってくれた。勝負は全部していったので、悔いはないです」と柔らかい表情を浮かべた。最後の指揮となったが、今後は総監督として見守っていく。

 不完全燃焼で終えた最後の夏。新井は卒業後、関学大で野球を続ける予定だ。「上のステージでこの悔しさを返すことができたらいいと思います」。前を向き、次の目標に向かって走り出す。

 ◆新井亮規浩(あらい・あきひろ)2004年9月10日生まれ。広島県出身。183センチ、79キロ。右投げ左打ち。内野手。幼稚園の頃に兵庫に移住し、関西学院中1年から本格的に野球を始め、関西学院では2年秋からベンチ入り。今秋の地区大会予選で代打で公式戦デビュー。憧れの選手はソフトバンク・柳田。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス