文字サイズ

【セ・パ順位予想】狩野恵輔氏 若手の底上げで投手陣充実の阪神

 25日にプロ野球が開幕し、阪神は京セラドーム大阪でヤクルトと対戦する。ペナントレース開幕を前に、デイリースポーツ評論家が順位を予想。昨季、阪神は12球団最多となる77勝を挙げながらも、勝率差で2位に敗れた。雪辱を果たし、17年ぶりのリーグ優勝はなるか。パ・リーグは若い力が躍動するオリックスが連覇を果たすのか。プロの眼による予想を、とくとご覧あれ。

  ◇  ◇

 阪神は昨年2位で終わった悔しさ、経験を生かすシーズンにしなければいけない。チームの強みは安定した投手陣。若手も加わり層に厚みが増した。

 春季キャンプからオープン戦にかけて、小川や湯浅といった面々が存在感を見せた。新人・桐敷もおり、若手が投手力を底上げした。

 青柳は思わぬ形で開幕投手を回避する形となったが、4月から本来の力を見せるはず。打線では佐藤輝がオープン戦通りの打撃をシーズンでも続けられるかがカギだろう。

 ヤクルトは清水らの疲労がどれだけ取れているか。DeNAは外国人選手に加え牧、佐野ら日本人強打者もそろい投手陣も熟した年齢で侮れない。巨人はポランコと中田が要注意だろう。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス