文字サイズ

【セ・パ順位予想】関本四十四氏 セは巨人4人が地力発揮すれば本命 パはロッテ

 25日にプロ野球が開幕し、阪神は京セラドーム大阪でヤクルトと対戦する。ペナントレース開幕を前に、デイリースポーツ評論家が順位を予想。昨季、阪神は12球団最多となる77勝を挙げながらも、勝率差で2位に敗れた。雪辱を果たし、17年ぶりのリーグ優勝はなるか。パ・リーグは若い力が躍動するオリックスが連覇を果たすのか。プロの眼による予想を、とくとご覧あれ。

  ◇  ◇

 セの本命は、巨人。菅野、中田、丸の調整を見ていても、不調だった昨年のようなことはないだろう。彼らが本来の力を発揮すれば、総合力で他球団を上回る。

 対抗は昨季日本一のヤクルト。投手陣が自信をつけ、腕が振れている。DeNAは先発陣の頭数が戻ってきたので3位とした。Bクラスとした阪神、中日、広島の3チームは打線に不安が残る。阪神は佐藤輝、大山が軸となれるか。

 パはロッテ。佐々木朗がけがなく投げることができれば、最低でも12勝は計算できる。昨年と同じく、投手力のあるオリックスとの優勝争いになるだろう。新庄監督で注目の日本ハムは、得点力で苦しむと予想して最下位にした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス