文字サイズ

岩本勉氏 巨人・中田翔からの返信明かす 出直し求める ここ数年「お山の大将」と

岩本勉氏
試合前の円陣でかけ声を指名される中田(中央左)=撮影・開出牧
ベンチでストレッチをしながら出番を待つ中田(左後方)=撮影・開出牧
3枚

 日本ハムの元エース・岩本勉氏(50)が20日付で、巨人が日本ハムから無償トレードで中田翔内野手(32)を獲得したことを受け、ユーチューブに「日本ハム中田翔の移籍について思うこと」と題した動画を配信した。

 これまで、日本ハム球団が処分を下していたため、発言を控えてきたとしたうえで、中田の移籍に「いちOBとして、先輩として、ちょっとほっとしてます。周りの人からすると不謹慎に映るかもしれませんが」と心境を語りつつ、「原監督が、ジャイアンツが中田をもう一度、再生させてくれる決断になった。中田翔に感謝の気持ちが芽生えたと思う。今までの行動なども改めるチャンスがやってきたんじゃないか」と話した。

 ここ数年の中田について「チームの中ではお山の大将でした。親分肌で。嫌なスパイラルが起きなければいいなと心配な面もあった」と厳しく指摘。

 今回の問題を「猛烈に反省したと思う。野球人としての振るまい、深く掘り下げて、向かい直してほしい」と求めた。

 巨人移籍でさらに注目され、あれこれと言われることも多くなるであろうとする一方で、「何百倍、何千倍も、家族が苦労したんとちゃうか」と問いかけ、「あのとき支えてくれてありがとうと言えるような成果、結果を出さなあかん」と語った。

 こうしたことを含め、「いちOBとして応援してる」とメッセージを中田に送ったところ、「レスポンスよく『はい、がんばります』と。決意に満ちた返答が返ってきて」と明かし、「ちょっと安心した」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス