文字サイズ

衝撃デビュー!オリックス高卒新人ドラ3来田がプロ初打席初球本塁打の離れ業

1回、来田が右越えにプロ初打席本塁打となる2ランを放つ
1回、来田が右越えにプロ初打席本塁打となる2ランを放つ
1回、プロ初打席本塁打となる2ランを放ち、ナインに迎えられる来田
3枚

 「日本ハム-オリックス」(13日、釧路ウインドヒルひがし北海道スタジアム)

 オリックスはプロ初出場初先発のドラフト3位・来田涼斗外野手(明石商)が初回、池田の初球141キロを右翼スタンドに運ぶプロ初本塁打。高卒新人でプロ初打席初本塁打に初球のおまけまで付いた。

 「打ったのはシュートだと思います。コーチからもどんどん積極的に振っていけと言ってもらっていましたし、1球目から思い切って振っていきました!(プロ初ヒット、初ホームランについて)打った感触もよかったですし、うれしいです!(笑顔で)」

 高校時代も甲子園で活躍していた来田。今季2軍で67試合に出場し、打率・273、1本塁打、22打点、5盗塁の成績を残している。

 オリックスは初回に福田からの3連打で先制点を奪うと、相手失策などで3点を先取。なおも2死一塁から来田の一発が飛び出した。初打席初球本塁打は13年ロッテ・加藤、14年ヤクルト・西浦などが成し遂げており、史上10人目。高卒新人では史上初の快挙となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス