文字サイズ

西武で伝達ミス?アナウンス前に十亀がリリーフカーで登場 審判タイム、ファン爆笑

7回、投手交代のアナウンスがなくリリーフカーに乗ったまま待機させられる西武・十亀剣=ZOZOマリン(撮影・開出牧)
7回、遅れて西武・十亀剣を交代を告げる西武・辻発彦監督=ZOZOマリン(撮影・金田祐二)
7回、力投する西武・十亀剣=ZOZOマリン(撮影・金田祐二)
3枚

 「ロッテ-西武」(16日、ZOZOマリンスタジアム)

 西武が投手交代を“フライング”するハプニング。投手交代が告げられていないにも関わらず左翼ファウルゾーンからリリーフカーに乗った十亀が登場し、場内から爆笑が起こった。

 場面はロッテが攻撃の七回裏、2死一、二塁。打席に代打・井上を迎えたところで左翼ファウルエリアの扉が開き、審判がタイムをかけて場内が騒然となった。リリーフカーがファウルエリアまで入ったところでブレーキがかかり、乗車していた十亀もぼう然と三塁ベンチを見つめた。

 西武側の伝達ミスとみられるが、辻監督はその後にベンチを出て投手交代を告げ、予定通り?十亀がマウンドへ上がった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス